© 2019 Grune inc.

インタビュー

Interview

長谷川 史弥Fumiya Hasegawa

Chief Consultant

宮城県仙台市出身。ITコンサルタントとして、お客様の売上拡大・ブランディングに向けた課題解決を手がける。 2011年、NTTドコモへ入社。ドコモショップの販売コンサルティング業務に従事。販売数・CS向上に向けた店舗のオペレーション改革を推進。2014年より、ポータルサイトdmenuを中心としたWeb広告による収益化・アドネットワーク事業の立ち上げに従事。
2019年7月より、Gruneに入社。

なぜGruneに入社を決めたのですか?

世の中を変える力
私は世の中を変えたいという思いがあり、そのために必要なものがGruneにはあります。なんでもやっちゃう社長と優秀なエンジニア(技術力、開発力)がいるので、夢ではなく、本当に世の中を変えることができると思いました。

自分の成長
Gruneなら間違いなく成長できます。決められた業務をこなすのではなく、自分でプロジェクトを考え、企画し、マネジメントを行います。大企業にはないスピード感、業務範囲の広さ、自分がやりたいことが実現できるのが魅力です。

社長の存在
山下社長のリーダーシップ、行動力、人柄、社員との距離感、優しさ、そして「社員を幸せにしたい」という理念に魅力を感じました。また、サーフィンとスノーボードを軸にした自由な生き様も魅力的でしたね(笑)正直、「この人についていけば間違いない」と感じました。

なぜ大企業を辞めたのですか?

「人生において、やりたいことは何か」を考えた際、がっつりITの仕事がしたいという気持ちが強かったですね。また、大企業を出て、ベンチャー企業に行き、全く違う環境で新たなことにチャレンジし、勝負したいという思いがありました。

大企業を辞めるリスクは考えましたか?

変化が激しい世の中において、大企業にいるほうがリスクだと思います。ベンチャー企業のように新しいことにチャレンジできて、自分を成長できる環境に行くほうが価値があると思います。

Gruneに入ってよかったことはなんですか?

日曜の夜に「明日月曜か、嫌だな〜」って思わなくなったことです(笑)これって意外と大事なことだと思うんですよね。また、インドネシアに行って日本とは異なる文化・価値観を感じることができたことや、若くて優秀な仲間に出会えたことも良かったです。一緒に切磋琢磨しながら、毎日刺激をもらっています。

Gruneを知人にすすめたいですか?

もちろんすすめます!Gruneは優秀な人材と技術力が揃っていて、まだまだ無限の可能性がある会社です。ぜひGruneで、一緒に未来を作っていきましょう!

どんな仲間と働きたいですか?

とにかく成長意欲の高い人、そしてワクワクすることが大好きな人と働きたいです。

3年後にどのようになっていたいですか?

会社を大きくして、その喜びを最高の仲間と分かち合いたいです。個人としては、ITのプロフェッショナルとしてデジタルマーケティングを極めたいです。

Back to Top