© 2021 Grune inc.

インタビュー

Interview
Director

千葉 夏純Kasumi Chiba

Director

宮城県仙台市出身。30歳を目前に異業種から転職を決意し、Gruneへ入社。

Gruneになぜ入ったのか?きっかけは?

過去の留学経験を活かしつつ、地元である仙台で働きたいと考えたときに偶然見つけたのがGruneの求人でした。その後実際に社長の山下さんとお話し、新しいことに挑戦するならここがいい!と感じ、入社を決めました。

会社の雰囲気、社風は?

とても和やかで、新しいメンバーも馴染みやすい雰囲気だと思います。

社長はどんな人ですか?

爽やかで、良い意味で壁がない方だと思います。面接の際には自宅での学習方法などについてとても親身に相談にのっていただきました!

あなたが思うグルーネの強みは?

“とにかくみんな若くてエネルギーがある” というところでしょうか。そろそろ私も筋トレタイムに参加してみようかな(笑)

なぜITを選んだのですか?

5年後、10年後もライフステージに合わせて仕事をし続けたいと考えたとき、IT業界は場所や時間にとらわれずに働けると考えたからです。

Gruneをどんな会社にしたいですか?

年齢や性別、バックグラウンドに囚われず、みんなが幸せに生活できる会社にしたいです。

現在の仕事内容は?

プロフェッショナルな先輩方の指導の元、ディレクターとしてお客様とのお打合せや、海外チームへの指示出しなどを行いつつ、その他の事務仕事も兼任しています。

チャレンジしてみたい仕事は何ですか?

飲食業の食品ロスや、長時間労働問題などに歯止めをかけられるようなサービスを開発したいと思います。

Back to Top