© 2021 Grune inc.

インタビュー

Interview
Web Designer / Director

名取 茉央Mao Natori

Web Designer / Director

宮城県仙台市出身。大学卒業後、PR会社で営業職として勤務。前職で様々な業界と関わる中で、20代の若いうちに自分の可能性を広げたいと転職を決意し、Gruneへ入社。

Gruneになぜ入ったのか?きっかけは?

生まれ育った仙台で、WEBデザイナーとしてキャリアチェンジをしたいと考え転職活動をしていたところ、Gruneの求人を見つけ、当時のリクルートページの「まずはお話を聞いてみる」ボタンから気軽な気持ちでお問い合わせしました。 実際にお話を聞いてみると、社長の山下さんの仕事や会社に対する情熱に心からワクワクできたのと、働きながら英語力が鍛えられるという環境に魅力を感じ「ここに入れば絶対成長できる!」と感じて入社しました。

会社の雰囲気、社風は?

社長と社員同士の距離も近く、和気あいあいとした雰囲気があり、自由でのびのびと働ける環境です。 プライベートと仕事も両立しやすく、とにかく「楽しみながら働く」という社風なので、会社に行くのも億劫になりません。

社長はどんな人ですか?

初めてお会いした時から、成長に繋がることをたくさん教えていただいたり、仕事以外の話もよく聞いてくださる、とても親しみやすい方です。 プライベートではサーフィンが趣味で、アクティブで若々しさ全開!なイメージです。 良い意味であまり年齢差を感じません。(笑)

あなたが思うグルーネの強みは?

若い方が多く、またメンバーそれぞれが多様なバックグラウンドを持っているので、日々刺激をもらいながら働けるところが強みです! 週1で英語ネイティブのメンバーによる英語のレッスンもあるので、楽しくコミュニケーションをとりつつ、 英語力を身に着けられるところも魅力に感じています。

なぜITを選んだのですか?

インターネットを通じて仕事の成果を世界に発信でき、また見た人の反応がダイレクトにわかる「WEBデザイン」に興味を持ったことがきっかけで、IT業界にキャリアチェンジを決意しました。 未経験での入社ではありましたが、日々学びながら成長の機会をいただける環境なので、とてもありがたく感じています。

Gruneをどんな会社にしたいですか?

社員同士が会社でチャレンジしたいことを共有し合い、その環境を皆で作り出していく。 全員が楽しく活躍できる会社にしていきたいです。

未経験からのチャレンジですが、入社前に勉強したことを教えてください。

WEBデザインのスクールに通い、デザインの基礎を学びました。 スクール卒業後は、洗練されたデザインを作るスキルを磨くために、クラウドソーシングのコンペで提案を重ねました。 また、WEB業界ではデザインだけでなくコーディングのスキルも求められるため、動画の教材を使ってHTML・CSS・Javascriptなどの実践的な技術を身につけました。

これからどんなことを学んでいきたいですか?

ITの知識のみならず、マーケティングやクリエイティブデザインを学び、 効果を最大限に生み出すWEBディレクター・デザイナーになりたいです。 また、外国人メンバーへ明確な指示ができるよう、英語の学習にも力を入れていきます。

チャレンジしてみたい仕事は何ですか?

会社が仙台にあるので、東北とITを掛け合わせて、東北の魅力を世界に発信できるような、地域活性につながるコンテンツをつくりたいです。

Back to Top