© 2022 Grune inc.

インタビュー

Interview
Engineer

小浜 夏美Natsumi Kohama

Engineer

日本生まれのブラジル育ち。エンジニアという職業に憧れ、日本に帰国後2年でエンジニア就職。日本語を学びながら、大手企業のプロジェクトを多数経験。その後、更なるスキルアップを求めGruneに入社。

Gruneになぜ入ったのか?きっかけは?

実務で英語を使う場面があり、国際メンバーが活躍できる環境であることに興味を持ちました。また、Gruneの“仲間と共にスキルアップをしながら世界を目指す”という考えに共感し、この環境でエンジニアとして成長したいと思い入社しました。

会社の雰囲気、社風は?

音楽を聴きながら、とてもリラックスして業務に取り組める環境です。

社長はどんな人ですか?

一緒に働く仲間の個性を尊重して、それぞれに活躍の機会を与えてくださる方です。私は日系ブラジル人で、過去に外国人・女性エンジニアとして働きづらさを感じた経験がありました。海外で働いた経験がある山下さんと共感する部分が多く、「自分らしく働きたい」という私の思いを親身に聞いてくださったことが印象に残っています。

あなたが思うグルーネの強みは?

成長を全面的にサポートしてくれる、頼もしくて優しい仲間に恵まれていることです。同年代の方が多いので、何かあったときに気軽に相談できる環境だと思います。また、本を読んで得た知識をアウトプットし、日頃から仲間と意見を交換し合う文化があるので、エンジニアとして大きくスキルアップできます。

なぜITを選んだのですか?

1から自分の手で作り上げて形にするお仕事に興味を持ったことがきっかけです。その中でもITはこれからの時代に求められていて、世界に通用する業界だと思い選びました。また、学歴は関係なく、自分が努力して専門知識を学んだ分だけ評価をしてもらえるので、やりがいを持って働けます。

Gruneをどんな会社にしたいですか?

メンバーの全員が自分らしく、幸せに働ける環境にしたいです。

現在の仕事内容は?

海外メンバーへの指示だし、作業のチェックをメインに行なっています。その他にも、プロジェクトの業務フローや詳細設計書を作成しています。

チャレンジしてみたい仕事は何ですか?

今まで経験したことのないモバイルアプリやVRのプロジェクトにチャレンジしていきたいです。また、エンジニアとしてだけなく、Webデザインやマーケティングの知識を身につけて、プロジェクトに広く携わっていける人材に成長したいです。

Back to Top