© 2022 Grune inc.

インタビュー

Interview
Engineer

太田  志幸Shikou Ota

Engineer

東北工業大学ライフデザイン学部出身。産業デザインを専攻。趣味は将棋と麻雀。

なぜGruneのインターンに入ったのか?きっかけは?

Gruneのホームページを見て、3Dモデルを扱ったサイトがとても面白いと思ったことがきっかけです。貪欲に学習をしている社員の方々や常に新しいことに挑戦していける環境に魅力を感じ、仙台でエンジニアとして一番成長できる環境はGruneだと思いインターンに参加しました。技術力と英語力を磨いて世界で活躍できるエンジニアになれたらと考えています。

会社の雰囲気、社風は?

読んだ本の内容をアウトプットしたり、資格の取得を報告しあったりと、常にメンバー同士で高め合う雰囲気があります。また、筋トレグッズが至るところに置いてあり、いつでも筋トレができる環境でとても自由な印象を受けました。

社長はどんな人ですか?

成長をとても大切に考えていて、私と面談してくださった際にはこれからのエンジニアに必要なことや会社の将来など色々な面で先を見据えていらっしゃると感じました。またとてもエネルギッシュで、会社や社員のことを考えている方だと思います。

なぜITを選んだのですか?

自分でWebサイトを作った時にコードを書くことが楽しいと感じたことがきっかけです。また、作ったサービスをインターネットを通じてさまざまな方に使ってもらえることに夢があると思い、IT業界を志望しました。

現在どんな勉強に取り組んでいますか?

現在は、ReactNative(Expo)とFirebaseを勉強しています。また、LinuxやDockerなどのインフラに関する知識が足りないのでこれから勉強していきたいと考えています。

インターン生同士の雰囲気は?

インターンに参加したばかりの頃、インターンのメンバーが気さくに話しかけてくれたおかげですぐに打ち解けることができました。わからないところがあったらみんなで助け合う、和気あいあいとした安心できる関係です。

Gruneのインターン生になりどんなことを学びましたか?

DockerやLaravel、Vue.jsなどの実践的な書き方について勉強しました。また、他人の時間を尊重し、効率的な時間の使い方を追求することの重要性についても学ぶことができたと感じています。これからプロフェッショナルとして活躍していけるよう、何事にも手を抜かず自己投資していきたいです。

「国際的に活躍するエンジニア」になるために、これからどんなことにチャレンジしていきたいですか?

海外のメンバーと英語でスムーズにコミュニケーションが取れるように、まずは英語の学習に注力していきたいです。また、誰が読んでもわかりやすい美しいコードを書くために、引き続きプログラミングの学習も継続していきます。

Back to Top