© 2021 Grune inc.

インタビュー

Interview
Chief Engineer

遠藤 隆晃Takaaki Endo

Chief Engineer

山形県米沢市出身。高校を卒業後、地元の工場に就職。働いていく中で、自分がなりたい姿を考えるようになり、独学でプログラミングの勉強を始める。その後、地元の中小IT企業に入社し、製造業向けのシステムの構築に従事。エンジニアとしての価値を高めたいという思いから、Gruneに入社。

Gruneになぜ入ったのか?きっかけは?

様々なプロジェクトがあり、自分の挑戦できる環境があると感じたからです。また、会社の常に新しいことに取り組む姿勢や、会社の成長と共に私自身も成長できるといった点にすごく魅力を感じました。

会社の雰囲気、社風は?

社員・社長関係なく、自分の意見が言える環境があります。また、みんながそれぞれ尊重しあっており、とても過ごしやすい雰囲気です。

社長はどんな人ですか?

とてもアグレッシブで、活力があふれている人です。エンジニアとしての経験もあり、技術的な相談もすることができます。

あなたが思うグルーネの強みは?

新しいことにキャッチアップし続けていることです。また、常に世間のトレンドを意識し、自分たちがITで解決できることを追求しています。新しいことに失敗を恐れず行動ができることも強みだと思います。

なぜITを選んだのですか?

個々のスキルが生かせる点です。社会人として働き始めた時、もっと自分の力が発揮できる業界がないかと考えたことが始まりでした。

Gruneをどんな会社にしたいですか?

新しいことに恐れず挑戦していける会社にしていきたいです。

現在の仕事内容は?

プロジェクトマネージャーとして、海外のメンバーと連携しながら、システムの開発などを行っています。また、実装が難しい箇所などは私自身がコーディングを行いながら、チームとしてプロジェクトを回しています。

チャレンジしてみたい仕事は何ですか?

AIを使用したソリューションです。人がもっと幸せに過ごすためには、人の判断を最小限にする必要があると思います。人の判断を減らしていくことで、間違いが減り、人のストレスも減っていくため、みんなが幸せになれると思っています。

Back to Top