© 2022 Grune inc.

インタビュー

Interview
Engineer

安江 拓海Takumi Yasue

Engineer

岐阜県中津川市出身。岐阜県の高校卒業後、プログラミングスクールに6ヶ月間通学。その後、若いうちからエンジニアとしてスキルアップができる環境を求め、Gruneへ入社。

Gruneになぜ入ったのか?きっかけは?

IT技術と英語スキルの両方を身につけられる環境を探していた時、たまたまインターネットでGruneを見つけました。そこからこのリクルートサイトの社員インタビューを見て、一人一人が将来の目標をしっかり持っているところや仕事に対する姿勢に惹かれました。また、社長の山下さんと面談した際、山下さんの会社や社員を思いやる気持ちに心を動かされ、「この環境で世界に通用するエンジニアに成長したい」と思い入社を決意しました。

会社の雰囲気、社風は?

和やかな雰囲気で堅苦しくない環境です。仕事中は音楽がかかっていたり、筋トレするスペースやゆったり過ごせるハンギングチェアが置いてあったりと、自由で過ごしやすいです。

社長はどんな人ですか?

とても優しい方だと思います。入社を決める前にも、家庭の事情を親身に考えて相談に乗ってくださったのが印象的です。これまでなかなか人に相談しづらかったことも受け入れてくださったので、感謝の気持ちでいっぱいです。

あなたが思うグルーネの強みは?

圧倒的に成長できる環境があることです。若くしてプロジェクトマネジメントを経験でき、さらに業務で英語を扱うのでエンジニアに必要な英語力が身につきます。

なぜITを選んだのですか?

ITエンジニアに対して“論理的思考力が高い”、“コツコツ努力ができる”という印象を持っていて、高校時代から憧れを抱いていたためIT業界を選びました。

Gruneをどんな会社にしたいですか?

仲間と協力し合い、一緒に人生の高みを目指していける会社にしたいです。

現在の仕事内容は?

ページ一覧や機能一覧、モックの作成などの要件定義の進め方を学んでいます。また、先輩エンジニアのサポートのもと、プロジェクトマネージャーの業務にも挑戦しています。

チャレンジしてみたい仕事は何ですか?

プロジェクトマネージャーとして、メンバーへの指示を的確に行い、プロジェクトを円滑に進められるようになりたいです。そのために、プログラミング言語や論理的思考に関する本をたくさん読み、アウトプットする習慣をつけ、IT技術とマネジメントの両方のスキルを磨いています。また、業務で国際メンバーともやり取りを行うので、英語の学習にも挑戦中です。

Back to Top